1814年カルル・フッチェンロイターによって創業されたフッチェンロイター。

初めは、王立窯のライバルとなりえる民間企業を政府は認めませんでしたが、情熱をもっての開窯の懇願に、8年経ち、ようやく認められました。

今でも、伝統を重んじ「人間の手に勝る技術・機械は存在しない」という信念を貫き、絵付け作業は手作業にこだわっています。